2014年09月04日

話題を科学する

◆尖閣:「わが方の海域、中国語使え」に日本側は従った=中国報道◆中国中央人民広播電台(中国中央人民ラジオ)の「中国之声(ボイス・オブ・チャイナ)」は17日までに、中国の監視船団が11日、尖閣諸島周辺海域に進入して日本の巡視船と対峙(たいじ)した様子を紹介した。中国側は「ここは中国の海域だ。中国語を使え」と呼びかけ、日本側は「中国語を使った」と紹介した。中国新聞社など中国メディアが報じた。

記事は「巡視船はわが方に貼りいて高校した。せんせ〜〜早く、直して〜〜暑くて、、せんせ〜が自爆しちゃダメ!朝鮮人並みの言動をするようになってきたな。中国が「尖閣諸島は中国領土だ」と主張し始めたのは、日本が尖閣を編入してから76年も後の1971年だ。そもそも、76年間も黙っていたのは、元々、問題視してなかった証拠だ。んな話で大喜びしている中国って・・尖閣諸島は間違いなく日本の領土だよ。お前ら、言葉だけでは無く絶対的な証拠提示してみろよ。くだらねえ〜www海保は以前から、各国語で「ここから出て行きなさい」と、スピーカーで指示しているわな。ま、どうでもいいやwまあ、石原が粛々と、都としての、埼玉在住の個人からの購入準備を進めているから。それでヨシ。チャイニーズの使う単語は60%が日本製です。日本製の言葉を使わないと彼らは会話できません!

ウクライナ語での『ドブロホ ランクゥ』は『おはよう』のことです!
posted by pr2 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。